Slack×MESH連携で自分の状況をいつでも仲間にシェア

鹿野恵子 (プレーンテキスト)
2016.03.30

自分がいま忙しいのか、暇なのか、周囲に気づかれないよう、Slackに投稿してリモートで働くチームメイトに状況を伝える仕組みです。
IFTTTを使って、Slackにテキストを送信することで、ボタンを1回押すと「今忙しいです」、ボタンを2回押すと「忙しいけれど読んでいます」、ボタンを長押しすると「今暇です」と伝えることができます。

レシピの生い立ち

リモートで仕事をするときに便利なSlack。チームメイトとのやりとりに大活躍しています。
でも、忙しいときになかなか返信できなくて申し訳なかったりすることもありますよね。
そこで、お客様先で仕事をしているときに、(目の前のお客様には知られないように)、自分の状況を共有するため、「今忙しい」「忙しいけど読んではいる」「今ひま」の3つのステイタスをSlackに投稿するボットを作りました。

このレシピに使用したMESHタグ
このレシピに使用した連携タグ
  • IFTTTタグ
    IFTTTタグ
このレシピで使う素材

作り方
1

MESHにIFTTTタグを登録します。IFFFT Keyが発行されるのでそれをメモしておきます。

2

IFTTTにMESHチャンネルを登録します。その際、メモしたiFFFT Keyを入力します。

3

IFTTTにSlackのチャンネルを登録します。

4

レシピを作ります。
Triggerを「MESHのアプリケーションがイベントを受信した場合」、Actionを「SlackのMESHというチャンネルに投稿する」と設定します。
EventIDは、「busy」「read」「notbusy」という3種類をそれぞれ設定してください。

5

MESHのキャンバスのタグを配置し、イベントIDとテキストを設定します。

6

ボタンとiPhoneを適当な位置に配置しましょう。

ボタンタグを3つ、IFTTTタグを3つ配置します。
ボタンタグは、それぞれ「ボタンが1回押されたら」「2連続で押されたら」「長押しされたら」に設定します。
IFFFTタグには、「busy」「read」「notbusy」それぞれのイベントIDを設定し、テキストの部分に、Slackに送信したい文言「今忙しいから後でね」「忙しいけれど読んでいます」「今暇です」の3つを入力します。

作者プロフィール
鹿野恵子 (プレーンテキスト)

手作りが大好きな編集者・ライター。毎日を楽しくしたり、仕事を便利にするツールをいつもこまごまと作っています。

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。