落し物、忘れ物を察知し知らせてくれる機械

これを付けていれば大切の物を落としてもスマホに通知が来て教えてくれます。
さらに仮にその通知にきずかなくても写真を撮ってくれるのでどこで落としたか分かります。

ソニーは、MESHレシピ及び投稿が、正確であるかどうか、有用なものであるかどうか、確実なものであるかどうか、ご使用になる皆様の目的に合ったものかどうか、安全なものであるかどうか、第三者の著作権、商標権等の知的財産権、財産、プライバシーもしくは肖像権その他の権利を侵害していないか等につきましては、一切保証致しません。したがって、MESHレシピ若しくは投稿を利用される際は、皆様の責任で利用してください。
レシピの生い立ち

これを作っていた合宿で財布を落としてしまい探したりするのが色々大変だったので落としたのを知らせてくれる機械があると便利だなーと思って作りました

このレシピに使用したMESHタグ
このレシピに使用した連携タグ
  • IFTTTタグ
    IFTTTタグ
このレシピで使う素材

動きタグ 2個

作り方
1

まず動きタグを2種類レシピの置き、振動を感知したらにする。感度は大切な物につける方を少し悪く(落とした後、風などを感知しないように)自分の体につける方を少し強くする。その後両方を「同時に」に繋ぐ。

2

自分の体ににつけた方の動きタグからカウンターのカウントへ「同時に」からリセットへ繋ぐ。その後カウンターのカウント数を20程度にする。これにより普段自分も大切な物も持って振動している時は上の動きタグ(自分)でカウントしても「同時に」でリセットされる。大切な物を落とした時は自分だけ振動するのでカウントがたまっていく。なおカウント数を増やしたのは大切な物を持っていても
上のタグによるカウントと「同時に」によるリセットにタイムラグがあったり稀に振動を感知できなかったりする際に誤ってカウント数がいっぱいにならないようにするため。

3

最後にカウンター(全ての出力)から通知に繋いで通知からカメラに繋ぐ。そうすると2で説明したようにカウントがたまり20になった時点で忘れ物の通知をし、きずかなかった時のためにどこで忘れたかを分かりやすくするように写真を撮る。

作者プロフィール
齋藤太陽

中学1年生でlife is techの夏キャンプに参加しmeshを知りました

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。