メッシュザウルス GPIO、MOVEタグなどをフル活用した二足歩行ロボット

Ktrips (ケートリップス)
2016.02.28

Lチカ、DCモーター、サーボモーター、Sony Camera操作、インターネット連携などをフルに使って、歩く恐竜を作ります。
メッシュザウルスが、姫路城を襲います。

レシピの生い立ち

子供がレゴを組み合わせて恐竜などを作っているのですが、それが動いたら面白いね、リモコンとかカメラもつけちゃおう、と盛り上がって作りました。

このレシピに使用したMESHタグ
このレシピで使う素材

・サーボモーター2個×2脚(脚部分)
・サーボモーター2個(腕部分)
・DCモーター1個(しっぽ部分)
・レゴ・アタッチメント(3Dプリンタで自作)
・レゴ・ブロック(作りたい形に合わせて)
・LED、ケーブル
・Sony ActionCam (必要に応じて)

作り方
1

材料一覧です。

2

まず、片足につき1つのGPIOタグと、2つのサーボモーターが入るアタッチメントを使います。

3

脚の付け根部分と、足首部分が稼働するようになります。

4

おなか部分にはSony ActionCamが入るアタッチメントを使っています。
家にある好きなLEGOを合わせると恐竜っぽい雰囲気が出てきます。

5

またしっぽ部分にDCモーターを使って、安定、前進方向の補助をしています。

6

こんな感じです。

7

腕は先ほどのサーボモーターを二つ使って、左右に動くようになっています。もし別々に駆動させたい場合は、GPIOタグも二つ用意します。

8

口の部分にはLEDが入るようにして、腕を動かすGPIOタグから電源を取得します。

9

それをそれぞれ組み合わせて、立たせて完成です。

10

IFTTTのメール連携、Twitter連携を使うと、帰ってくる前に一吠えして、お父さんのお帰りを知らせる事もできます。

MOVEタグを振ると両脚を動かして歩きます。
MOVEタグをひっくり返すと腕を振り、口の炎が光って吠えます。
MOVEタグを強めにたたくとおなかのアクションカムで写真をとります。アクションカムをスマホ、又は専用コントロール時計につないでおくと、カメラの画像を見ながら、メッシュザウルスを操作できるようになります。

作者プロフィール
Ktrips (ケートリップス)

子供と一緒にレゴ、メッシュを使って遊んでいます。その他のレシピはこちらに随時アップしています。
http://i.ktri.ps/homesh

MESHで遊ぼう!のおすすめレシピ

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。