プラレールでリアルな鉄橋通過音を鳴らす!

Kiyoshiko Iwai
2016.03.30

プラレールの新幹線が鉄橋を通過したことを明るさタグが感知して、自分の好きな効果音を鳴らしてみました。
録音すればバリエーションが広がるので、いろんな楽しみ方ができます。

レシピの生い立ち

プラレールはレールを始めとしてパーツを追加するのも楽しみの1つですが、音に関してはちょっと不満。
いっそのこと、自分で録音した音源をMESHを使って自動で流せないかと思って作りました。
実際の走っている音が伴うだけで、かなり気分が上がります。

このレシピに使用したMESHタグ
このレシピで使う素材

・プラレール
・両面テープ
・iPod touch
・100均で調達したスマホスタンド

作り方
1

今回は新幹線の鉄橋通過音をセッティングします。
鉄橋の直前に明るさタグを設置します。
車体の高さに反応するように、センサー部分をあえて下に置いてください。
また、明るさタグとプラスチックのパーツは両面テープなどでしっかりと固定しましょう。

2

MESHアプリを開いて、明るさタグを1-3の間で反応するよう設定します。
次に明るさタグとスピーカータグを接続。
音源は、以前新幹線の中から録音した鉄橋通過音を使います。

3

新幹線が通過したらiPod touchから鉄橋の通過音が流れます。
置く場所を変えれば応用も可能。
例えば駅のホームのアナウンスを録音して、駅に着いたら到着の知らせが流れるようにしても面白いかも。
子どもが喜ぶ仕掛けです。

作者プロフィール
Kiyoshiko Iwai

ITエンジニア。スマートフォンのアプリ/サービス開発を手がけています。MESHも面白いアイテムとして注目しています。

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。