ワイヤレスで音声を再生し、おばけを演出

Yukito Inoue
2016.06.16

早く寝かしつけたい時に、おばけがきたかもしれないよ という演出をする内容になります。
親が色々な「おばけ」の音をiPhoneに録音しておく
->MESHのボタンタグで、ランダムに音が再生されるようにしておく
->ボタンタグをこっそり押して、ベッドの下などに置いたiPhoneからランダムに「おばけの音」を発生させます。

レシピの生い立ち

早く寝かしつけたい時に、「せなけいこ」の「ねないこだれだ」という寝ないとおばけに連れて行かれてしまっておばけにされてしまうストーリーのベストセラー絵本を読んでいるという家庭は多いと思います。恐怖心で眠らせるという恐怖政治のようなやり方になってしまうのも問題ですが、寝てくれないというのも問題でジレンマに陥りますが、この方法であれば想像力を育めるのではないかという気がしています。

録音する音
・壁をこする音
・窓をコンコンと叩く音
・紙をズズズ、と擦る音
・紙を動かしてカサカサ、という音

寝かしつけで本を読んでいるときや、電気を消した後に上記の音を発生させて、子供に何の音か想像させます。

寝ないとおばけにされてしまうというところは同じですが、
おばけかもしれない、という想像をさせる
一緒になんのおばけなのか、なんの音なのか想像をさせることで

他人の気持ちを考えることができたり、絵を見なくても何かが想像する力がついていけばよいなと思う次第です

このレシピに使用したMESHタグ
このレシピで使う素材

作り方
1

ランダムで音を再生するようにしました

2

おばけっぽいというより、何かの物音を録音しました

3

音を発生させるiPhoneはあらかじめ窓側やベッドの下に置いておきます。
ボタンタグを布団の中でもって置いて、これというタイミングでボタンを押します->再生

4

おやすみなさい。

作者プロフィール
Yukito Inoue

MESHの設計をしています。

ボタンタグ を使ったおすすめレシピ

自宅で役立つのおすすめレシピ

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。