乾杯の瞬間を自動撮影

OPC Hack&Make Project
2016.03.15

GPIOタグならこんな撮影方法も可能です。
GPIOのグラウンドと、デジタル入力1にワイヤーを接続。
それぞれ電気を通す金属製のマグにつなげば、2人だけの乾杯シーンを撮ることができます。

レシピの生い立ち

パーティーシーンでは、乾杯をしている写真をよく撮りますよね。
その瞬間を自動撮影できないかなと思い、作りました。
周りも面白がってくれ、その後の食事も盛り上がったので是非みなさん試してみてください!

このレシピに使用したMESHタグ
このレシピに使用した連携タグ
  • Olympus Airタグ
    Olympus Airタグ
このレシピで使う素材

OLYMPUS AIR
電気を通す金属製のマグ 2つ
ジャンパワイヤ(オス⇔オス) 2本
セロハンテープ

作り方
1

それぞれのマグに、ジャンパワイヤの先端の金属部分がしっかりと接触するようテープで貼りつけます。

2

ジャンパワイヤのマグに繋がっていない一端を、GPIOタグのグラウンド(GND)ピンとデジタル入力1(DIN1)ピンにそれぞれ繋いでください。
ワイヤが抜けやすい場合はこちらもテープで止めてください。

金属製のマグ同士がぶつかると、通電するので、そのタイミングで撮影が行われます。

作者プロフィール
OPC Hack&Make Project

OPC Hack & Make Projectは、オリンパスの技術をオープンにして、デベロッパー、クリエイター、ユーザーと共に新しい写真体験を開拓していくプロジェクトです。
http://opc.olympus-imaging.com/

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。