さわるな! 危険 輪っかくぐしゲーム

誰でも簡単に作れて遊べる、自分だけのゲームを作ろう!

誰の家にも必ずあるもの(アルミホイル、割り箸、段ボール)とMESHを組み合わせることで子供から高齢の方まで、幅広い年代の方が楽しめるゲームになっています。

ソニーは、MESHレシピ及び投稿が、正確であるかどうか、有用なものであるかどうか、確実なものであるかどうか、ご使用になる皆様の目的に合ったものかどうか、安全なものであるかどうか、第三者の著作権、商標権等の知的財産権、財産、プライバシーもしくは肖像権その他の権利を侵害していないか等につきましては、一切保証致しません。したがって、MESHレシピ若しくは投稿を利用される際は、皆様の責任で利用してください。
レシピの生い立ち

家庭にあるものですぐに制作でき、なおかつ子供と一緒に大人までもが楽しめる装置をつくりたいという目的で考案しました。大人が知っている遊びを子供も楽しめるようにリメイクし、利用者が飽きないように拡張性を持たせながらこの作品を完成させました

このレシピで使う素材

段ボール、アルミホイル、テープ、割り箸、銅線
MESH(ボタン、動き、LED、GPIO)
ハサミ、木工用ボンド

作り方
1

用意した割り箸を好きな長さに3つくらい切り、段ボールにボンドで張り付ける。

2

スタート地点とゴール地点の部分に丸めたアルミホイルが入る程度の穴をあける。

3

スタート地点とゴール地点までを貼り付けた割り箸を通しながら好きなコースを作る。この時あけた穴からアルミホイルを余らせておく。

4

細長く切った段ボールを2つ用意し間にアルミホイルを挟みテープで固定し持ち手を作る。この時持ち手の先端をフック状にする。

5

GPIOタグに上の画像のように銅線を差し込む。

6

さっきの画像から黄色の銅線は持ち手のアルミホイルに差し込み
赤い銅線はクリップを使い延長させておく。

7

6.で赤色の銅線から延長させたものを 3.で余らせておいた
アルミホイルに触れるように固定し完成。

ボタンの押し方(1回押す、2回連続で押す、長押し)によって難易度の変更が可能です。残り時間が10秒になるとLEDの色が赤になり、残り0秒になると笑い声が聞こえて、ゲームオーバーとなります。ゴールまで時間内にたどり着いたら動きタグを振ることで音が鳴りクリアとなります。

作者プロフィール
gouki@SXD.Media.TUT

大学生

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。