1人でも安心!薬の飲み忘れを防止しよう

子どもの薬の飲み忘れを防止し、子どもがしっかり薬を飲んだか確認するために、親にリアルタイムでLINEが届きます!

ソニーは、MESHレシピ及び投稿が、正確であるかどうか、有用なものであるかどうか、確実なものであるかどうか、ご使用になる皆様の目的に合ったものかどうか、安全なものであるかどうか、第三者の著作権、商標権等の知的財産権、財産、プライバシーもしくは肖像権その他の権利を侵害していないか等につきましては、一切保証致しません。したがって、MESHレシピ若しくは投稿を利用される際は、皆様の責任で利用してください。
レシピの生い立ち

日本では、少子高齢化や人口減が進んでいます。そのため、結婚し、子育てをしながら働く女性も増加し、子ども一人で薬を飲まなければならない状況が増えています。
そこで、遊び盛りの小学生が遊びに夢中になって薬を飲み忘れないために、MESHを使用して、飲み忘れを防止できるレシピを制作しました。

このレシピに使用した連携タグ
  • IFTTTタグ
    IFTTTタグ
このレシピで使う素材

・薬
・アルミホイル
・ビニルテープ
・GPIOタグ配線用のワイヤー2本(ワニぐち)

作り方
1

指定した時間になると、iPadから音楽が流れ、ボタンタグを1回押すと音楽が止まります。それと同時に、あらかじめ録音しておいた音声が流れます。装置にセットしてある薬を取り出すと、親にLINEが送られます。

2

まずは、素材をそろえます。アルミホイルを5cm×7cmの長方形にして厚さ2ミリ程度に形づくります。作った長方形のアルミホイルの3辺にビニルテープを貼ります。次に、ビニルテープをアルミホイル横幅程度に切り、粘着面が無くなるように折り曲げます。アルミホイルとビニルテープの間に薬を差し込めるように、折り曲げたビニルテープの幅を調整しながら左右をテープで止めます(写真の黄色枠参照)。

3

GPIOタグを、薬と作成した装置に接続します。GPIOタグの2番のと薬を配線し、6番とアルミホイルを配線します。

4

次にMESHの設定を行います。
タイマータグを「指定のタイマー」にして時刻を、薬を飲んでほしい時間に設定します。スピーカータグは「再生する」にして、自由に曲を設定します。右側のスピーカータグを「再生する」にして、サウンドを「薬を飲んでね」など自分で録音して、録音した音声が流れるようにします。LEDタグは「点灯する」にして、好きな色に設定します。LINEタグは「メッセージを送る」にして「送信テキスト」には薬を飲んだ時に送られてくるメッセージを設定します。

5

iPadのそばに、ボタンタグ、LEDタグ、作成した装置を置きます。

薬を飲む時間になったら流れる曲は、子どもが好きな曲を選曲しておくと、より子どもの意識を引きやすくなり、飲み忘れ防止の効果をより高めることができます。

作者プロフィール
iyama@SXD.Media.TUT

大学の演習

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。