ダッシュボードで光るLED 広い駐車場でMESHを活用

Takeru Maehara
2016.02.26

駐車場で自分の車を素早く見つけるためのTips的活用法です。
自己点滅LEDとGPIOタグ、ボタンタグのトライアングルでちょっとした工作気分も味わえます。

レシピの生い立ち

カメラマンという職業柄、撮影場所付近の駐車場に停めるのが基本。
ただ困ったことに方向音痴で、少し広い駐車場だと停めた場所を忘れてしまうことがしょっちゅうあります。
これを解決するため、車に近づいたらボタンタグと連動して、GPIOとつないだLEDがダッシュボードでピカピカ光る仕組みを作りました。

このレシピに使用したMESHタグ
このレシピで使う素材

・自己点滅LED

作り方
1

今回は輝度の高い自己点滅LEDを使いました。自己点滅LEDは通販サイトなどで簡単に入手できます。
値段はピンキリですが10個入りで数百円程度です。

2

ボタンを1回押したら電源がONになり、ボタンを2連続で押したら電源がOFFになる設定です。

3

LEDのアノードをVOUTピンに、カソードをGNDピンに挿してください。

4

GPIOと接続したLEDのセットをダッシュボードに置いておきます。
およそ10メートル以内に入るとボタンタグがBluetooth接続されるので、大体停めた場所の近くに来たらボタンを押してみてください。
ショッピングモールなどでも役立つと思います 。

作者プロフィール
Takeru Maehara

職業、カメラマン。撮影場所は常に変わるため、車での移動が基本。駐車場とは長い付き合い。

自宅で役立つのおすすめレシピ

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。