おやすみオセロ(寝かしつけゲーム)

駄々をこねる子どもの寝かしつけには、「絵本」じゃなくて「ボードゲーム」でも良いじゃん!
この「オセロ」は戦況によって、LEDやBGMがどんどん変わっていきます。
パパが勝っていれば暗くなり、坊ちゃんが勝っていれば明るくなる...。
寝たくないなら、パパにオセロで勝ってみなさい!!!

ソニーは、MESHレシピ及び投稿が、正確であるかどうか、有用なものであるかどうか、確実なものであるかどうか、ご使用になる皆様の目的に合ったものかどうか、安全なものであるかどうか、第三者の著作権、商標権等の知的財産権、財産、プライバシーもしくは肖像権その他の権利を侵害していないか等につきましては、一切保証致しません。したがって、MESHレシピ若しくは投稿を利用される際は、皆様の責任で利用してください。
レシピの生い立ち

「子どもの寝かしつけ」といえば、絵本。でも、そればっかりじゃ飽きちゃうよ...!
「お布団に入る前の数分間、もっと楽しみながら眠たくなりたいなー」という趣旨で、作りました。
パパも坊ちゃんも、楽しみながら、だんだん眠くなーれー...。

(Philips Hue使いたかった!)

このレシピに使用したMESHタグ
このレシピで使う素材

・ゴム板
・透明おはじき
・ブレッドボード
・高輝度 青色LED
・ジャンパーピン
・スチレンボックス
・蓋つきCD収納ケース
・粘着フック
・吸盤フック
・カッター
・油性ペン
・定規
・両面テープ

作り方
1

【機能概要】
本体上部に「明るさタグ」を設置し、ゴム駒を置き具合によって、光・音の出力内容を変化させています。
通常のオセロは、表裏をひっくり返すゲームですが、今回は「透明おはじき」と「ゴム」を入れ替えることで駒数を競います。

2

【駒の用意】
カッターを使って、ゴム版を25mm角にカットして、黒い(光を通さない)駒を作ります。おはじきは、そのまま利用します。

3

【内部ライトの用意】
GPIOタグのPWM出力とGNDのそれぞれにジャンパーピンを差し、ブレッドボードと繋げます。そして、基本的なLED回路を作成します。

4

【土台の作成①】
CD収納ケースの蓋の中心に、明るさタグを両面テープで固定します。
その蓋をアクリルボックスの底に、MESHタグが底を向くように落とし込みます。そして、吸盤フックを使い、裏返した際に蓋が落ちてこないように固定します。
さらに、アクリルボックスの上部に、オセロ盤をペンで引きます。

5

【土台の作成②】
CD収納ケース本体の4つの面に粘着フックを取り付けます。

6

【組み立て】
写真のように組み立てれば、外装は完成です。

7

【レシピ①】
明るさタグを利用して、「明るさが変わったら」、信号を発するように設定します。部屋でゲームを行う場合は、最大の明るさは5程度だと思うので、1/2/3/4/5~の5つに値を区切ります。

8

【レシピ②】
「調光したい」かつ「持続的に信号を送って光らせたい」ので、タイマーを「一定の感覚(1秒)」に設定します。該当する明るさになった時にタイマーが「オン」、それ以外の場合は「オフ」になって処理を抜けるようにします。

9

【レシピ③】
そして、GPIOのPWM出力値をそれぞれ設定します。今回は「1:100, 2:75, 3:50, 4:25, 5~:0」でDuty比を区切っています。オセロ盤が塞がれて光を受けなくなるほど、LEDは明るくなります。

10

【レシピ④】
最後はお好みで、それぞれの明るさごとに、音を設定してみてください。動画とキャンバスでは、暗くなるにつれて、音が減っていくようにしています。

キャンバスの説明は、上記の「作り方」に記述しています。

作者プロフィール
baco

よく分からない大学生。

◎ おやすみオセロ
Member: baco, yasu, zawazawa

明るさタグ を使ったおすすめレシピ

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。