今日はビールを買って帰ろう!

仕事の後の楽しみ。家に帰ってビールで一杯!
しかーし あれれっ 
在庫が無い? 冷えてない? 
そんなぁぁぁ、、、(ガックリ)
そんな事のないために。

レシピの生い立ち

妻もビール好き。 だから帰って飲もうとして残って無い事も。。。
一応 普段から「買っておいてね」と言うものの。
在庫が空になっていることも。。。
でも奥さんに愚痴っちゃいけません。(不仲の元)
帰りに忘れずに買って帰りましょう。(^^)

このレシピに使用した連携タグ
  • Gmailタグ
    Gmailタグ
このレシピで使う素材

缶ビールストッカー タイラップ (厚紙)

作り方
1

冷蔵庫を開けると反応する場所に人感センサー

2

市販の缶ビールストッカーの最後の2缶目か3缶目の横に明るさダグを括り付ける。
冷蔵庫の中に置いたときに、庫内の照明と扉開けた時の部屋の照明が明るさセンサーに入らない側に取り付けるように注意

(うまく明かりが隠せない場合は、タグの後ろに名刺大の厚紙などを張って影を作る。)

3

缶ビールストッカーがとが無い場合は、
普段ビールを置く場所の奥に、明るさダグを置いておくだけでも、、、

冷蔵庫を開けたのを人感センサが検知 その時ビール缶が少ないと明るさセンサーが塞がれない状態となり知らせてくれます。 その後、冷蔵庫を開けるたびメールが来ないよう100回開けるまで反応しないようスイッチ3段とand。あとは、補充したらボタンを押してカウンターをリセット。

作者プロフィール
MAKUO

小さいころからハンダコテ握って電子工作造るのが好きだった
抵抗、コンデンサ、トランジスタ並べてスイッチつなげてLEDが光るので一喜一憂していた。
親父になって、子供とそんな楽しみ共有したいなぁと思っていたところMESHに出会った。
平成バージョンの「電子ブロック」なんだと思う。

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。