ストイックな有酸素運動に 動きタグを活用してみた

Keisuke Sugiyama
2016.02.26

自宅でのトレーニングに動きタグを活かしました。
手首にサポーターで動きタグを付けるだけですが、自動で回数カウントとインターバル管理に利用できるので重宝しています。

レシピの生い立ち

最近とみに太り気味。そのため家でシャドーボクシングダイエットを始めました。
一定の回数をこなしたら一定の時間休んでという繰り返しを5セットやるのですが、いちいち回数を測ったり、時計を見てインターバルを測るのがめんどくさい。
そこで一回ごとの終了時とインターバル終了時に音を鳴らす仕組みを作りました。おかげでダイエット、捗ってます。

このレシピに使用したMESHタグ
このレシピで使う素材

・手首用サポーター
・固定用ゴム

作り方
1

手首につけるタイプのサポーターに動きタグを固定します。
わかりやすいように両面テープで仮止めしていますが、実際はタグをゴムで縛ってます。
MESHは防水ではないため、手に握るのは汗をかくので避けてください。

2

腕の動きに合わせてカウントされるようにしました。
ワンセット50回のシャドーボクシングをベルの音がなります。
ベルの音がゴングに似ているので気分が高まります。

3

次にスピーカータグからタイマータグへとつなぎ、1分間待つ設定にします。
1分経過したら気合いが入るパワーアップの音が鳴るようにして、いざ第2ラウンドに出陣です。
これを5セットやると、かなりの運動になります。

作者プロフィール
Keisuke Sugiyama

一般企業の総務を担当。仕事で動くことが少ないので、家での運動が日課です。

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。