声でお知らせ!ボタンでキッチンタイマー。料理写真のシェアも

nagasawa atsuhiro
2016.09.08

ボタンタグをトリガーに、声で経過時間をお知らせ。できた料理は、ボタンプッシュで写真を撮ってブログにシェア。英語音声で英会話学習や、男女音声で2つのタイマーを使った時間差調理にも対応。実は、写真を撮るためにキッチンカウンターを片付ける効果や、経過時間通知がペースメーカーとなる時短効果も。

ソニーは、MESHレシピ及び投稿が、正確であるかどうか、有用なものであるかどうか、確実なものであるかどうか、ご使用になる皆様の目的に合ったものかどうか、安全なものであるかどうか、第三者の著作権、商標権等の知的財産権、財産、プライバシーもしくは肖像権その他の権利を侵害していないか等につきましては、一切保証致しません。したがって、MESHレシピ若しくは投稿を利用される際は、皆様の責任で利用してください。
レシピの生い立ち

ガスコンロのグリルで、パンを焦がしてしまった時に思いついた。以前にもグリルで焦がすことが時々あったが、普通のキッチンタイマーは面倒で使わなかった。MESHならボタンを押すだけ。機種変更して眠っていたiPhoneも活用できる。毎日のカロリー記録やキャラ弁の記録、料理サイトへの投稿等にも活用できる。

このレシピに使用したMESHタグ
このレシピで使う素材

・両面テープ
・グラスハンガー

作り方
1

ボタンタグを、押しやすく水や熱のかからない場所(うちでは、ガラスコンロの点火スイッチの横)に両面テープで貼り付ける。

2

グラスハンガー(ワイングラスを吊るして保管する)をIKEAで部品購入して、ラックに独自で固定。ハンガーとして使いつつ、使っていないハンガーの上にiPhone4sを置く。ここから、キッチンカウンターの上に並べた料理を撮影します。

ボタンを1回押すと、1分30秒、2分、3分・・・15分ごとに各経過時間を男性音声(英語)で通知。ボタンを2回押すと、同様に女性音声で通知。長押しで写真撮影。裏でIFTTT動かして、写真追加されたらブログにpost。

作者プロフィール
nagasawa atsuhiro

MESHを使って普段の生活の「ちょこっと便利」を実現したい。
主なテーマは食とIot 「作る 食べる 共有する」

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。