寝落ちしても暑さをシャットアウト 卓上扇風機が自動で回転

机上に温度・湿度タグを設置して、ある温度差が出たら卓上の小型扇風機が自動で回転。
机に寝落ちしても快適な自分仕様です。

レシピの生い立ち

私の部屋は空気の通りが悪く、すぐ熱がこもって暑くなってしまいます。
デスクで熱中して作業した後、ふと気を抜くとそのまま寝落ちしてしまうことが多く、暑苦しくて目を覚ますこともしばしば。
そこで自動送風装置を作ってみました。これで寝落ちしても少し快適に。

このレシピに使用したMESHタグ
このレシピで使う素材

・卓上扇風機
・MESH GPIOタグ用モータドライバ
・マジックテープ
・両面テープ

作り方
1

最初に、別途購入したMESH GPIOタグ用モータドライバ(https://www.switch-science.com/catalog/2502/)、乾電池式の卓上扇風機、電池ボックスを接続します。
モータドライバのVM端子に電池のプラス、GND端子に電池のマイナス、OUT1端子に扇風機のプラス、OUT2に扇風機のマイナスをつなぎます。

2

全体の接続イメージはこのようになります。乾電池は単3二本で大丈夫です。

3

次にモータードライバの番号ガイドに従って、GPIOタグをはめ込みます。

4

全てを接続したら、マジックテープで一体化します。
GPIOタグを搭載した卓上自動扇風機のユニットが完成しました!

5

私は温度・湿度タグをディスプレイの端に両面テープでくっつけました。
28℃を超えた場合、電源がONになるようにしました

6

これで28度を超えると上手く自動回転するようになります。
今回入手した扇風機は羽の回転の音が大きく、逆に目覚まし代わりになったのもご愛嬌です。

作者プロフィール
Kiyoshiko Iwai

ITエンジニア。スマートフォンのアプリ/サービス開発を手がけています。MESHも面白いアイテムとして注目しています。

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。