インターネットぉばけ屋敷体験(IoT)

IoTの時代が来ました!アナログなお化け屋敷をデジタル世界とつないで恐怖とイタズラの楽しみを世界でシェア!

ソニーは、MESHレシピ及び投稿が、正確であるかどうか、有用なものであるかどうか、確実なものであるかどうか、ご使用になる皆様の目的に合ったものかどうか、安全なものであるかどうか、第三者の著作権、商標権等の知的財産権、財産、プライバシーもしくは肖像権その他の権利を侵害していないか等につきましては、一切保証致しません。したがって、MESHレシピ若しくは投稿を利用される際は、皆様の責任で利用してください。
レシピの生い立ち

スマホを使って個人の行動を実況中継できたり、IoTでアナログ世界とデジタル世界をつなぐことができるようになったりという今、「お化け屋敷の恐怖をシェア」というコンセプトで考えてみました。体験する人も、並んで待つ人も、そしてネットで見る人もそれぞれが恐怖と楽しみをシェアしていただけます。

このレシピに使用した連携タグ
  • IFTTTタグ
    IFTTTタグ
このレシピで使う素材

100円ショップで購入した発泡スチロールの直方体(コントローラーです)
パワポで作った町の絵(コントローラーに貼り付ける絵です)
タミヤのモーターとギヤ
後ろを歩いている人を演出する鈴

作り方
1

・動きセンサーで発生するイベントを定義します。
・イベントごとのサウンドイフェクトをセットします。
 (雷雨の音、電車の通過音、踏切、急ブレーキの音など)
・イベントごとにふさわしいライティング効果をセットします。
 (踏切の赤ランプ点滅や自動車のライト、懐中電灯の明かりなど)
・イベントが終了すると、iPadの画面に操作者向けに指示を出します。
・ボタンはお化け屋敷をいったん体験し終わった人、つまりネタを知った人が次に体験する人を怖がらせるために効果音を自分で選んで鳴らします。

2

動きセンサーの向きがイベントと同期しています。ランダムスイッチでそのイベント内容を様々な表現でツイートします。
スイッチはスタート時点で押すことで、新たな体験者がお化け屋敷の世界に足を踏み入れたことを示すメッセージを出力します。ツイッター上でこのメッセージと自分が体験した時間を照らし合わせると、自分が体験したお化け屋敷がツイッター上ではどう表現されていたのか追体験できます。

コントローラーには動きセンサーが2つ入っています。1つは行きたい方向を検知して音声や効果音、ゴーグルのLEDをコントロールします。もう1つはイベントに合わせた実況中継をIFTTT経由でツイートします。(レシピが1つしかつけられないのですが、iPhone用のレシピがもう1つあり、パラレルで動きます)

作者プロフィール
Yoichi Kawara

LEDタグ を使ったおすすめレシピ

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。