あのおばけ誰かに似てない?写真撮っとく~??

自分や友達がおばけになって目の前に現れたら、写真撮りたいですよね。あなたの顔をマネキンに立体的にプロジェクションマッピング!おばけとあなたを暗いところでも高画質なOLYMPUS AIRで撮影。Hueやおばけイルミネーションがシーンを盛り上げます。投影する顔画像をフィルター加工すれば怖さ倍増!

レシピの生い立ち

自分や、つきあっている恋人に似たおばけ、大好きなママに似たおばけに遭遇したら、怖くないですか?怖い体験も思い出すと懐かしく笑い話になるものです。怖くも楽しい体験を美しい写真として残し、一瞬の思い出が長く記憶に残る、そんな未来のおばけ屋敷を作ってみました。

このレシピに使用した連携タグ
  • Philips Hueタグ
    Philips Hueタグ
  • Olympus Airタグ
    Olympus Airタグ
このレシピで使う素材

発泡スチロールのマネキン
プロジェクター
有機EL発光ラインテープ(12V駆動)
GPIO用FET拡張基板
ブレッドボード(おばけイルミネーションの目のLED)
PC, Hue 2x, AIR 2x

作り方
1

まずおばけになる人の顔を撮影します。撮影ブースAに入ると、Motionタグで人を検知し、HUEが自動で白く点灯します。その後、45mmポートレートレンズをつけたOLYMPUS AIRでドラマティックトーンフィルターをかけた顔が撮影されます。

2

撮影した顔はiPhoneからモバイル回線経由でDropboxに共有されます。Dropboxアプリはバックグラウンドで独立動作しているものとします。PC上で動作するプロジェクションマッピングアプリが、Dropbox内に新しい画像を検出すると、自動で顔トリミングし、目の位置を調整して、マネキンに顔をプロジェクションします。

3

ブースBに人が入ったことを検知し、Hueを赤く点灯。

4

マネキンにつけた照度タグがプロジェクションを検知し、GPIOタグで背景となるおばけイルミネーションを点灯します。その後、17mmの広角レンズをつけたOLYMPUS AIRで本人と本人の顔がプロジェクションマッピングされたマネキン、背景のおばけイルミネーションを撮影します。

4台のiOSデバイスがLEDタグと照度タグで通信しながら、連携します。1.人がブースAに入ったらHueを白点灯。2.AIRで投影する顔を撮影。3.人がブースBに入ったらHueを赤点灯。4.2で撮影した顔をマネキンに投影。GPIOタグで背景イルミネーション点灯し、おばけと一緒にAIRで撮影。

作者プロフィール
Arata Shinozaki

LEDタグ を使ったおすすめレシピ

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。