本当に怖い電話

突然鳴り響く、不気味な電話のベル。
受話器の先には、恐ろしい未来が待ち構えていた。
一本の電話から、あなたの運命は狂い始める……。


(人が近づくと人感タグが反応して電話が鳴り、
受話器を持ち上げると明るさタグが反応して、
振り込め詐欺の音声が流れる仕掛けです。)

レシピの生い立ち

振り込め詐欺をはじめとする特殊詐欺の被害額は、
年間で467億円以上(2015年/警察庁発表)。
本当に怖いのは、おばけではなく「人間」であることを伝えつつ、
「意外性」で笑ってもらいたいと思い、この作品を作りました。
振り込め詐欺の恐怖がなくなる未来が訪れますように!

このレシピに使用したMESHタグ
このレシピで使う素材

・古い電話
・血のり(絵の具+のり)
・電話を置く台
・人感タグ
・明るさタグ
・Bluetoothスピーカー

作り方
1

古い電話を血のりでペイントします。
(電話は外装だけを使用するため、基板は抜いておきます)

2

台の内側に人感タグをセットします。
(センサーの部分は穴を開けておきます)
受話器の下に明るさタグを組み込みます。
Bluetoothスピーカーを電話の中に入れます。

3

電話のベルの音と、振り込め詐欺の音声を録音します。

4

人感タグが反応するとスピーカーからベルの音が鳴り、
明るさタグが反応するとスピーカーから音声が流れるように設定します。

・人感タグ
 人を検知→黒電話のベルの音を再生

・明るさタグ
 明るさが変わると反応→ベルの音を停止
 →振り込め詐欺の音声を再生→叫び声を再生

作者プロフィール
チームCGM

仕事の合間にコツコツつくりました。

○参加メンバー
櫻井、竹田、金野、宮脇、廣瀬、竹内、今井

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。