【LEDタグWATCH】おばけに近づくと教えてくれる装置

お化け屋敷の中でおばけに近づくと【LEDタグWATCH】が光って教えてくれます。
懐中電灯の光をあてたらおばけはどこかに行っちゃうので、光ったサインを見つけたら懐中電灯でおばけを探してください!

レシピの生い立ち

お化けは怖い!
でももしおばけがどこにいるのかがわかったら、ちょっと怖くなくなるかもと思って考えてみました。
ほんとうは居場所がわかるのも、そこそこ怖いんですけどね…。

このレシピで使う素材

LEDタグの入る箱・マジックテープ・懐中電灯・Bluetoothスピーカー・音源(何かが逃げていくかんじ)

作り方
1

LEDタグを入れて持ち運べる入れ物を作ります。
※今回は3Dプリンターで自作しましたが、フエルトや木などで手作りしても良いと思います。

2

出来上がった入れ物にLEDタグを入れて、マジックテープを使って腕に装着できるかたちにします。

3

人感タグと明るさタグを好きな場所に設置します。
※動線を考えて設置しましょう。

4

想像力を働かせて、何かが逃げて行く音源を録音して設定します。
Bluetoothスピーカーは人感・明るさタグから離れた場所に設置しておくと、ドキッとするかもしれません。

5

お化け屋敷を体験する人が【LEDタグWATCH】をつけて、懐中電灯を持って歩きます。
なにもない状態では、LEDは青色に点滅しています。
おばけに近づく(人感タグが反応する)とLEDは赤い点滅に変化しますので、懐中電灯を使ってまわりを照らしおばけを探しましょう。
おばけを見つけられた(明るさタグが反応した)ら赤く強く点灯した後で、何か(おばけ?)が逃げるような音が流れます。

❶のLEDタグ、タイマー一定の間隔で2秒間隔に設定して何もない時は常に点滅状態に。❷のLEDタグ、人感センサーで反応。❸のLEDタグ、人感センサー+明るさタグで反応。❷❸どちらもセンサーの反応後❶のLEDタグ用のタイマーをOFF。❸のトリガーの反応後LEDと時間差でスピーカーから音を出す。

作者プロフィール
Tech Cemetery

「おもしろそうなことはまずやってみる」がモットーのものづくりチームです。

LEDタグ を使ったおすすめレシピ

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。