自動豆まき機

Masahiro Ueno
2016.02.26

節分の日に、鬼が来たら自動で豆を投げる「自動豆まき機」を作りました。
連射できる仕組みになっています。

レシピの生い立ち

ちょうど節分だなと思い、MESHを使って何かできないかなと考えていたところ、
豆まきを自動でやる機械というアイデアが思いつきました。

このレシピに使用したMESHタグ
このレシピで使う素材

・タミヤ 4速ウォームギヤボックスHE
・ジャンパーワイヤ(オス-オス) ×2
・福豆
・わり箸 x1
・輪ゴム x5
・カラークリップ x2
・計量スプーン x1

作り方
1

割りばしとギアボックス、発射台の機構を、輪ゴムとカラークリップで取り付けます。
カラークリップはふたつを互い違いになるよう取りつけ、片方は土台の機構と固定、
もう片方は輪ゴムを引っ掛けるように使います。

2

割り箸の先端にはティースプーンをつけ、その先に福豆を設置します。
スプーンがプラスチックフィルムの板を押すことで、自動的に豆が補充され、
連射できる仕組みになっています。

3

ギヤボックスの中のモーターとGPIOタグをジャンパーワイヤでつなぎます。
モーターの2つの端子に1本ずつジャンパーワイヤをつなげて、それぞれをGPIOタグの"VOUT"ピン、"GND"ピンに挿します。

作者プロフィール
Masahiro Ueno

古き良き時代を知っているポータブル音響機器のメカ設計エンジニア、、の化石。

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。