もじもじするミニ四駆

Yukito Inoue
2016.03.25

人が来ると前後にもじもじ動くミニ四駆にしました。

レシピの生い立ち

お手製のステッキを作ってミニ四駆で走り回っていました25年前、その頃はとにかく速く直進だけしかしませんでしたが、MESHのGPIOタグとモータドライバを使うと簡単に前進後退、スピード調整が出来るなあと思って作ってみました。

このレシピに使用したMESHタグ
このレシピで使う素材

MESH GPIOタグ用モータドライバ(スイッチサイエンス)
ミニ四駆(ダッシュエンペラー)
ジャンパ線x4
カプトンテープ
半田

作り方
1

モータと電池の間にモータドライバを入れました。作業時間15分くらい。

2

こんな感じです

3

外装を取り付けて完了

4

全く関係ないですが
こんなことをしていたら、92年のジャパンカップのステッカーと決勝進出記念カードがでてきました。懐かしい。

モータドライバの使い方は "http://trac.switch-science.com/wiki/MESH_Accessories#モータドライバ" に掲載されています。
・GPIOタグの 電源出力 を オン これでモータドライバ回路の電源をオンにします。
・デジタル出力 DOUT3 をHighにすれば前進、Lowにすれば後退します。
・PWM を 100~30くらいでスピードがコントロールできます。
 PWMはあまり値を小さくすると起電力が足りずに動かなかったです。

作者プロフィール
Yukito Inoue

MESHの設計をしています。

MESHで遊ぼう!のおすすめレシピ

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。