何が出るかな?ランダムに出た色を活用したカラフルビンゴ

プログラミングスクールSwimmy(スイミー)
2019.03.12

ボタンを1回押すと、ランダムでLEDの6色の中から1つ選ばれ、光ります。光った色は、同じ色の名前が書いてあるマス目を塗ります。3つ塗りつぶすことが出来たらビンゴです。また、動きタグに「ビンゴ!」と自分の声を録音しておき、ビンゴが出るたびに振り音を鳴らし盛り上げます◆小2生徒の作品

ソニーは、MESHレシピ及び投稿が、正確であるかどうか、有用なものであるかどうか、確実なものであるかどうか、ご使用になる皆様の目的に合ったものかどうか、安全なものであるかどうか、第三者の著作権、商標権等の知的財産権、財産、プライバシーもしくは肖像権その他の権利を侵害していないか等につきましては、一切保証致しません。したがって、MESHレシピ若しくは投稿を利用される際は、皆様の責任で利用してください。
レシピの生い立ち

スイッチタグの「何が出るかわからない。」ランダムに切り替えるの特性を活かして、何か面白いゲームが作れないか考えたところ、思いつきました。

このレシピで使う素材

・画用紙/サインペン
■このレシピに使用した連携タグ
 ・スピーカー
 ・スイッチ

作り方
1

ボタンタグが「1回押されたら」、スイッチタグの「ランダムに切り替える」が発動し、事前に指定した6色のLED(6つの出力指定)の中から1つが選択され、その選択されたLEDが光るようにしてあります。

2

その場を盛り上げるために、動きタグを使って自動で「ビンゴ!」となる盛り上げグッズを作りました。

動きタグの「振られたら」を感知したら、スピーカータグから録音した音が流れます。

作者プロフィール
プログラミングスクールSwimmy(スイミー)

◆プログラミングスクールSwimmy(スイミー)とは、
「遊びながら、能動的に学ぶ」をコンセプトにした、子ども向けプログラミングスクールです。
https://www.sai.co.jp/swimmy/

生徒の面白い作品をご紹介します!

LEDタグ を使ったおすすめレシピ

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。