親子で安心!登下校

yamada@SXD.Media.TUT
2018.06.29

離れていても子供の登下校状況がわかる!

ソニーは、MESHレシピ及び投稿が、正確であるかどうか、有用なものであるかどうか、確実なものであるかどうか、ご使用になる皆様の目的に合ったものかどうか、安全なものであるかどうか、第三者の著作権、商標権等の知的財産権、財産、プライバシーもしくは肖像権その他の権利を侵害していないか等につきましては、一切保証致しません。したがって、MESHレシピ若しくは投稿を利用される際は、皆様の責任で利用してください。
レシピの生い立ち

授業でIFTTTを使ってUXを高めるサイバーセンサーを作る演習で考えました。LocationとLINEを用いて親子で安心して日常を送れるようなものを作成しました。

このレシピに使用したMESHタグ
このレシピに使用した連携タグ
  • IFTTTタグ
    IFTTTタグ
このレシピで使う素材

iPhone、iPad、Location、LINE

作り方
1

子供のスマートフォンでIFTTTのLocationの「指定のエリアに入ったら」で範囲を学校に指定、「指定のエリアを出たら」で範囲を学校に指定、「指定のエリアに入ったら」で範囲を家に指定します。

2

Locationで指定のエリアに入ったら(学校に着いたら)、親のLINEに『学校に着いたよ!』通知が行くように設定します。同じように指定のエリアを出たら(学校を出たら)『学校を出たよ!』、指定のエリアに入ったら『家に着いたよ!』と通知がいくように設定します。

3

MESHの人感タグの「感知したら」で子供が帰ってきたら感知できるような場所(玄関など)に置いておき、あらかじめ録音した『おかえりなさい』などのメッセージが流れるように設定します。

4

これで学校に着いたら自動で親のLINEに『学校に着いたよ』、学校を出たら『学校を出たよ』、家に着いたら『家に着いたよ』という通知が送られてくるようになり、子供の登下校を安心して見守ることができます。

5

子供が家に帰ると、人感タグが反応しあらかじめ録音しておいた音声が流れ、実際に家に親がいなくも子供が親のぬくもりを感じることができるようになっています。

ペットを飼っていたら人感タグが反応してしまうので、ある程度感度範囲を狭めたり、置く場所を考えたりと工夫したらよいと思います。
毎日違うメッセージを録音すると子供の帰宅後の楽しみの1つになるかもしれません。

作者プロフィール
yamada@SXD.Media.TUT

大学生

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。