Light of emotion

光を使って喜怒哀楽の一人舞台!!

ソニーは、MESHレシピ及び投稿が、正確であるかどうか、有用なものであるかどうか、確実なものであるかどうか、ご使用になる皆様の目的に合ったものかどうか、安全なものであるかどうか、第三者の著作権、商標権等の知的財産権、財産、プライバシーもしくは肖像権その他の権利を侵害していないか等につきましては、一切保証致しません。したがって、MESHレシピ若しくは投稿を利用される際は、皆様の責任で利用してください。
レシピの生い立ち

Philips Hueを用いて光の演劇を作りたいと考えました。さらに物にMESHを取り付け、演出の一部にMESHを用いれば、一人で演出、出演ができると思いました。1日の生活と喜怒哀楽という感情を光の色で表現しています。動画の最後にはMESHの使用方法も載せてあります。

このレシピに使用した連携タグ
  • Philips Hueタグ
    Philips Hueタグ
このレシピで使う素材

カーテン


椅子

スカート
BGM音源

作り方
1

演劇の構成を決め、絵コンテを描く。その構成に合わせて、光の色と演出方法を決める。今回意識したのは、人の位置が固定されてしまうため、一つ一つの動作を大きくすることです。

2

光の演出方法としては、スカートに動きタグをつけ、スカートが揺れたら色が変化するなどです。今回考案した方法は、ボタンタグとLEDタグを携帯電話代わりに使用しました。また、人感タグを床に置き、その前を人が通ると、色が変化するという演出方法を用いました。

3

構成に合わせてMESHレシピを組んでみます。このように、動きタグだけでも振ると光の色が変わるため、踊る演出の際は、利用しやすいです。

4

Hueの光量は最大にすることをお勧めします。特にオレンジと黄色、緑は区別がつきにくいため、順番に変化させることでグラデーションのように色の演出をすることが出来ます。

5

カメラをセットし撮影開始!上手く影を写す撮影のコツは、演者がカーテンに触れるくらい近くで演技をすることです。

6

おまけです。

やってしまいました。。
お取り扱いには気を付けてください。

演出の時系列順にレシピを組み立てていきます。どうしても演出上、暗い色が続いてしまうことがありますが、ピンクや赤、青などムードが演出できてお勧めです!!

作者プロフィール
sonobe@SXD.Media.TUT

大学3年生

LEDタグ を使ったおすすめレシピ

MESHで遊ぼう!のおすすめレシピ

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。