湿度温度データロガー

部屋の湿度と温度を計測し、googleスプレッドシートに記録します。

レシピの生い立ち

部屋のカビが最近になってひどくなったのがきっかけです。
対策を行いたいのだけど、何が問題になっているのか、まずそれを知ろうと思って作りました。

このレシピに使用したMESHタグ
このレシピに使用した連携タグ
  • IFTTTタグ
    IFTTTタグ
このレシピで使う素材

作り方
1

仕様を決めます。
(周期)、(何時)に、湿度と温度をgoogleスプレッドシートの(googleスプレッドシートの記録するファイル)に記録します。

私の場合は以下です。
毎日、AM9:00に、湿度と温度をgoogleスプレッドシートの data/HumTem に記録します。
※ファイル名が日本語だと、同じファイルにデータが追加されないで新しいファイルが常に作られてしまうので、ファイル名は英数字がおすすめです。

2

IFTTTで、googleドライブと連携する設定を行います。以下のURLを参考にしました。
http://support.meshprj.com/hc/ja/articles/213717818-IFTTT連携でレシピの作り方を教えてください
「EventID」は、100文字以内の英数字で入力します。
※確認したところ、「_」記号はEventIDに使えないみたいです。
「that」に、「Google Drive」を選択します。
「Add row to spread」を選択して、1で決めたスプレッドシート名とディレクトリパスを指定します。

3

スプレッドシートのフォーマットを考えます。
フォーマットを考えたら、設定で反映させます。
MESHアプリのレシピ内のIFTTTタグと、IFTTTアプリのMyAppletsのApplets(2で設定したもの)の中で設定できます。
「|||」と入力すると、セルを区切ることが出来ます。

タイマー:
記録したい周期と時刻を設定します。
温度・湿度:
各数値を確認します。
※湿度と温度は、同時にスプレッドシートに記録することが出来なかったので、湿度、温度でフローを分けます。
IFTTT:
2で設定したEventIDを指定し、スプレッドシートに記述したい内容を入力します。

作者プロフィール
こけし丸

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。