MESHBAG 忘れ物を無くす魔法のメッシュバッグ!

鍵、お財布、社員証など、ついついバッグに入れ忘れてしまう物たちをしっかりチェック。入れるたびにバッグの生地がピカピカ光って、目立って、いいね!と言われる事間違いなし。
また他のコンテスト出展作品(名刺入れ、折り畳み傘、本としおり)も一緒に持ち歩けるシン三種の神器になって、楽しさ倍増です。

レシピの生い立ち

いつも必要なんだけど、忘れがちな物達を自動でチェックしたり、バッグが喋ってくれたら面白いな、と思って作り始めました。
MESHBAGならメッシュ地がいいよね、LEDは糸で縫い付けた方が感じが出るよね、と娘、妻からの女子目線も取り入れ、日常使いにもいいねと言ってもらえる雰囲気とデザインに仕上げました。

このレシピに使用した連携タグ
  • IFTTTタグ
    IFTTTタグ
このレシピで使う素材

布製のバッグ
RFIDリーダー
LED幾つか
通電する糸
NFCを何枚か

作り方
1

LEDを通電する糸でバッグに縫い付けていきます。

2

各LEDをGPIOタグのDigital OutとGNDにつなぎます。

3

自作したNFCリーダーとGPIOタグのDigital Inをつなぎます。

4

鍵、お財布、社員証など忘れがちなものに、キーホルダー代わりにNFCタグを付けておきます。
LEDタグもバッグにくっ付いて外から見えるようにしておきます。

5

バッグの中にそれぞれのモノが入ると(NFCリーダーが検知すると)、1つづつLEDが灯いていきます。
3つのLEDが全部つけば忘れ物なし!

6

歩き出すと、ムーブタグが検知して、「今日も元気に行ってみよー」と気合いを入れてくれて、歩いている時だけピカピカ光ります。

7

他の出展作品(MEiSHi名刺入れ、aMESHあめッシュ傘、本とMESHioriメッしおり)もNFCが付いていて、もちろんチェックしてくれます。
いつも一緒に持ち歩いて、いいね!と言ってもらえる便利なメッシュバッグとグッズ達になりました。

社員証、鍵、パスケースに貼ったNFCタグが検知されると、Digital InがHIGHになります。それを受けてDigital OutをHIGHにし、通電性糸で縫ったLEDを光らせます。三つ揃って、更にバッグを持ち上げると(振動を検知すると)、もう一回全てが光って、忘れ物なし!のような声が出ます。

作者プロフィール
Ktrips

小学生の息子、娘と一緒にMakerしています。
MESH好きが高じて、色々な作品の作り方本MESHBOOK (http://ktri.ps/MESHBOOKj)をAmazonで自己出版しています!

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。