視聴時間を決めて子どもの テレビ見過ぎを防ぎたい!

Masayoshi Okabe
2016.02.28

テレビの前に明るさタグを置いて、自動で視聴時間を記録する仕掛けです。
見た時間がシートに残るので、子どものテレビ見過ぎ防止に役立ちます。

レシピの生い立ち

我が家ではテレビの時間を1日2時間までと決めているのですが、なかなかルールを守れません。
そこでMESHを使ってテレビの視聴時間を自動記録して見せてあげることで、今では時間を守るクセがつきました。

このレシピに使用したMESHタグ
このレシピに使用した連携タグ
  • IFTTTタグ
    IFTTTタグ
このレシピで使う素材

・スマホホルダー

作り方
1

テレビの下にスマホホルダーを置き、斜めになるように明るさタグを配置します。
いろいろと試しましたが、テレビに対して45度傾けて設置するとセンサーが反応しやすかったです。
ちなみに、100均のホルダーで十分でした。

2

MESHアプリを開いて、キャンバスで示すように明るさタグとIFTTTタグを置いてつなぎます。

このレシピでは、テレビがONのとき(明るさ2-10の範囲)とOFFのとき(明るさ1の範囲)の時間がGoogleスプレッドシートに自動で書き込まれるように設定してあります。

3

プレッドシートでONとOFFの差を見れば、その日にどれぐらいテレビを見ていたかがひと目でわかります。
とりあえず毎日iPadで時間を見せて確認させると、見過ぎた翌日は自主的にセーブするようになりました。
シートは編集できるので、「今日は見過ぎだよ。明日は注意しよう!」などと書き加えてもいいかもしれませんね。

作者プロフィール
Masayoshi Okabe

2児の父です。MESHを購入して、暮らしに役立つ使い方を模索してます。

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。