おやすみ消し忘れチェッカー

「さーて寝るか」と思いMESHボタンを長押しして照明(Hue)をOFF、と思いきやHueが赤く点滅!
リビングのホットカーペット、もしくは暖房を消し忘れたということを知る。しまったと思って消して、もう一度長押しすると、
今度は消灯します。おやすみなさい。

レシピの生い立ち

寝る前にリビングのホットカーペットやら暖房やらつけっぱなしにすることが多いです。また、不安になって確認しに行ってでも本当は消えてたりするという無駄足も多いのでこのレシピを作りました。
寝室の電気消すためにHueのアプリ立ち上げなくても良いというのもかなり嬉しいポイントです。

このレシピに使用したMESHタグ
このレシピに使用した連携タグ
  • Philips Hueタグ
    Philips Hueタグ
このレシピで使う素材

Hue
両面テープ

作り方
1

ホットカーペット。つけていると電源LEDが光るのでここの上に明るさタグを置きます

2

明るさタグの円の窓の中心に電源LEDがくるようにして、テープで張り付けます。

3

エアコンも同様です。

4

両面テープで張り付けます。

5

あとはレシピを組み、ボタンを長押しします。

6

つけっぱなしだと赤く点滅します。

説明のため、上から順に、ボタンタグを1、2、明るさタグを1、2、3、4、Hueを1、2、3とします。
ボタン1は「一回押す」で、Hue1は「点灯する」となっています。
明るさ1と2は同一タグでホットカーペットの電源LEDに被せてあり、3と4は同一タグでエアコンの電源LEDに被せてあります。
ボタン2「長押し」すると、明るさ1と3が「明るかったら」となっていて、どちらかが明るければ(消し忘れていたならば)、Hue1で「赤く点滅」させます。
同様に、明るさ2と4は「暗かったら」となっていて、共に暗ければ(両方消した)、Hue2で消灯します。

作者プロフィール
Shingo Yoshizumi

MESHってなに?

さまざまな機能を持ったブロック形状の電子 "MESHタグ" を"MESHアプリ" 上でつなげることにより、あなたの「あったらいいな」を実現できる。それがMESHです。 難しいプログラミングや電子工作の知識は必要ありません。IoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みも簡単に実現します。

最新情報、楽しみ方やお得な情報を受け取ろう

ご利用規約およびプライバシーポリシーをご確認の上ご登録ください。